栄養たっぷり!湘南の海

結論から申し上げると湘南は栄養がいっぱい(*^^*)

「湘南の海は汚い。濁ってるし」ってよく聞くけど相模川や境川から丹沢山系のミネラルを含んだ川の水が海に注ぐおかげでミドリムシ君やミジンコさんなどのプランクトンがいっぱいいるんですね
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

彼らのおかげで湘南の海は透明度が低くやや緑色をしてるんです。
夏になると「ゾエア」君と呼ばれるエビやカニなどの幼生が、豊富なプランクトンを求めて大量発生します。
彼らはさすが甲殻類だけあって幼生といえど小さなトゲを持っていて裸で陽気なサーファー達をチクっと刺してきます。
体質によって刺された所が1、2日後にかゆくなって赤く虫刺されっぽい感じで1週間前後で治ります。

自然との調和というくくりで夏の風物詩と捉えて楽しんでいますが、対策をググったらワセリン塗ると刺されにくいようです。お求めはお近くのサーフショップに置いてあると思います。

普段エビやカニを美味しく食べてるのでちょっとぐらい刺されてもイーブン&イナフな関係です。
刺されまくった事により甲殻類アレルギーになったという話も聞いた事ないし。
「大きくなったらキミたち食べるけど子供のキミらは人間を刺さないように!ユノ?」ってなんか性格悪そうでしょ?

自然で遊ばせてもらっている限りそのリスクも楽しみましょう、というプレゼンでした。
Thank you( ´ ▽ ` )ノ

オリンピック景気

夜のとばり #twilight #tokyo

cafe_labさん(@cafe_lab)が投稿した写真 –

10年以上前に「BRUTUS」のデザイナー特集号みたいなのがあってその中に佐野研二郎さんがいました。特集でブタ鼻マグカップ=「PIG MAG」は「生活にユーモアを」みたいなコンセプトが書いてあって、ちょうどその時結婚して新生活をスタートする友人へ2つ購入してプレゼントしました。

「PIG MAG」を仕入れたFrancfrancのバイヤー、記事にしたマガジンハウスの人。この人たちは困惑してるだろうけど、
俺は「そういえば元気にしてるかな?もしまだPIG MAG使ってたら物持ちいいね!」と連絡してみたくなったでヤンス。

あとがき ///

情報化社会とはいえ、プロダクトやグラフィックデザインというテキスト情報を持たないデータは検索されにくい性質だからコピーやトレースが野放しになり易いのかもしれません。

DTPからWebまで一貫してやってる制作会社さんの方が著作権やライセンスを厳しく管理している気がします。